本文へスキップ

いわて住宅FPオフィス-住宅ローン・資金、保険見直し、家計・貯蓄のファイナンシャルプランナー相談 盛岡〜気仙沼(沿岸)

失敗できないマイホームのご相談はいわて住宅FPオフィスへ
 いわて住宅FPオフィス                                 














                                         まずは、お問い合わせのご連絡を! 090-3641-0185(9時〜19時) info@fp-spl.com(随時)   
                                              

フラット機構団信か民間保険かHEADLINE

フラット35で住宅ローンを組む場合、「団体信用生命保険はどうしますか?」と必ず聞かれます。 もしくは聞かれず、フラット35の申込書類一式に団信の加入申込書も入っていてそのまま契約、ということも多いです。

 団体信用生命保険(団信)とは フラット35の住宅ローンを受けられた方が、万一のことがあった場合、契約に基づいて支払われる保険金によって債務を完済し、家族の生活基盤の安定を図ることを目的とした制度です。銀行ローンでは生命保険は強制加入となっていて、保険料は住宅ローン金利に組み込まれており、別で保険料を支払う必要がない商品がほとんどです。フラット35の場合には、強制加入ではないので、団信に任意で加入するかどうかを検討する必要があります。加入にはローン返済額以外に団信の特約料を年払いする必要があります。

ん???

家を買う前から生命保険に入っているけど?

家を買ったらまた新たに生命保険に入るってこと?

住宅ローンの借入金額に充当できる保険金が支払われる民間の生命保険に加入していれば、万一の場合住宅ローンがなくなる団信に加入しなくてもいいんじゃないの?  

そんな疑問、わいてきませんか?  

そうなんです! 家を買うときは生命保険の見直しの大チャンス!なんです。

⇒生命保険生保・損保アドバイスへ

機構団信と民間生命保険とのちがい

フラット35機構団信 生命保険( 収入保障 )保険
・年齢・性別による特約料差異がない ・年齢・性別により保険料が異なる
・非喫煙・健康体料率はない ・非喫煙・健康体保険料率がある場合も
・特約料は年払のみ ・保険料は年払・半年払・月払を選択可
・保障額は住宅ローン残債額 ・保障額は一括受取額を元に決める
・特約料は残債と比例し逓減していく ・保険料は保険期間を通じ一定
・生命保険料控除の対象にならない ・生命保険料控除の対象になる
・完済や途中解約で、払った特約料は戻らない ・途中解約は払った保険料は月単位で戻る
・強制加入でない ・保険料払込免除特約も可




お問い合わせ・ご予約